12月8日(月)、日本教育新聞に本校の小中連携教育が紹介されました。
東小・北小・桜ヶ丘小と一緒に取り組んできた小中連携の取組が、全国的に注目されています。
この新聞記事は、学校だより12月号に掲載しましたので是非ご覧ください。
このホームページからもご覧になれます。

 

12月5日(金)生徒会引き継ぎ式が行われ、友池新生徒会長をはじめ9人の第69期新役員が決まりました。
第68期の生徒会役員の皆さん、今までの長野中に対する貢献ありがとうございました。
新役員の皆さん、これからよろしくお願いします。

   
   
 

桜ヶ丘小2年生が11月12日に「まち探検」で本校を訪れダンスを披露してくれたお礼に、3年生の生徒34人が小学校を訪問しました。
クレヨンしんちゃんの主題歌「キミに100パーセント」のダンスを見せた後、班ごとに分かれて小学生にダンスを教えました。最後に、小・中学生皆で楽しく踊りました。
小学生から自作のメダルをもらった3年生はとってもうれしそう。いつまでも名残を惜しんでいました。

       
       
       
 

期末テストも終了し、ピアニストの小笠原貞宗先生を講師にお招きして、ふれあい講演会が開催されました。

小笠原先生は、クラシックからポピュラーまで幅広いレパートリーを持つピアニストとして御活躍されながら、一方で日本神話の研究にも精力的に取り組まれている方です。

本日の講演は、「行田、埼玉、ヤマトタケ」の演題で、埼玉県や武蔵の国の名称の由来を興味深く学ぶことができました。

講演の途中には、「オリーブの首飾り」や「革命のエチュード」の有名な曲をピアノ演奏していただきました。

  

  

 

 

11月22日(土)に第29回浮き城のまち行田 少年の主張大会が開催されました。

市内24校の小中学校29名の代表児童生徒が、行田市教育文化センター「みらい」に集まり、日ごろから自分の思っていることや感じていることを自分の言葉で伝えていました。

本校からは、3年生の内野さんと菅原さんの2名が代表として参加しました。

 

3年 内野美寿々さん 「未来へ伝える蛍の光」

 

3年 菅原なつきさん 「行田市民の一員として」

埼玉県警察本部少年サポートセンターの所員の方を講師にお招きし、不審者に襲われたときに身を守るための護身術を教えていただきました。

今年は既に県内で約2,000件の不審者による声かけ事案が発生しているそうです。

不審者に襲われないための大切なこととして、自分の周りに常に「安全圏」をつくることを学びました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長野中学校正門から南へ約100mの所で遺跡の発掘調査が行われています。
市の文化財保護課の人にお聞きしたら、古墳時代から奈良時代の住居跡の発掘で、地層によって現れるものが違うそうです。
発掘が始まってまだ間もないですが、いくつか土器も出ていました。
この地域が古代から栄えていたことがうかがえます。

   
   

11月20日(木)の生徒会役員選挙に向けて、選挙運動が活発に行われています。
各候補者は推薦者と一緒に朝のあいさつ運動に参加し、PRしていました。どの候補者も一生懸命、頑張ってもらいたいと思います。

   
   

11月17日(月)と18日(火)、3年生が技術・家庭科の授業の一環で行田幼稚園を訪れました。
最初は緊張していたけれど、徐々に園児と打ち解け合い、とっても楽しい勉強となりました。
中には行田幼稚園出身の生徒もおり、先生との懐かしい再会がありました。emoji755.gif

       
       
       

小中連携教育発表会の写真をアップしました。
「まち探検」のかわいらしい小学校2年生の写真を多く掲載しました。

        
       
       
       

11月12日(水)本校で小中連携教育研究発表会が開催されました。
以下の公開授業・公開講座を行いました。
 ○中学校調べ(東小6年2組)
 ○中学校英語体験授業(桜ヶ丘小6年2組)
 ○中学校理科体験授業(桜ヶ丘小6年1組)
 ○図工美術講座(小学校の先生対象)
 ○理科実験実技講座(小学校の先生対象)
 ○まちたんけん(桜ヶ丘小2年生)
また、アトラクションとして、
   ○小学生のドラえもんダンス
   ○長野中・桜ヶ丘小・進修館高校による吹奏楽演奏も行いました。
たくさんのお客さんと小学校の児童をお迎えし、笑顔に満ちた発表会でした。

       
       
       
       
       

11月6日(木)、7日(金)3年生が長野保育園を訪問しました。
これは、技術・家庭科の授業の一環として行ったものです。
最初は3年生も園児も緊張していましたが、慣れてくると校庭を走り回ったり、砂遊びをしたりと打ち解け合い、あっという間の1時間でした。

       
       
       

10月30日(木) 行田市小中学校音楽会が産業文化会館で開かれ、先日の校内音楽会の最優秀賞の3年4組、優秀賞の3年5組が出場し、素晴らしい演奏を披露してくれました。

   
   
   

ご指導いただいた先生の講評を掲載します。
3年4組「YELL」
「よくパートがそろっていて、よりそって歌い合わせています。追いかけていくメロディーラインはとても美しく、特に入り方はよく配慮され、きちっと入っているので、曲の輪郭がはっきりしていました。感動が静かにズンズンと押し寄せてくる感じです。素晴らしい!!」

3年5組「虹」
「とても安定感のある基礎の和音がしっかりと積み上げられた演奏です。フレーズの入り方も丁寧で、波のようにかぶせて寄せてくる部分もしっかり伝わってきます。リズムの特色も地について表現していました。Soloさん上手。澄んだ音でとても魅力的です。美しく仕上がった、感動を呼ぶ曲でした。素晴らしい!!」

給食の時間に行田市立学校給食センターから栄養士と調理師の方が来校し、食に関する正しい知識と食習慣についてお話をしていただきました。

 

調理師さんは、給食センターで働いているときの格好で、食品の衛生に最も気を遣いながら、毎日行田の子供たちのために何千食もの給食を作っているというお話をしてくれました。

栄養士さんは、大量の給食を作るための食材の調理の仕方など、給食センター内での工程や作業についてのお話をしてくれました。

いつもおいしくいただいている給食は、朝早くからたくさんの人たちの手で真心を込めて作られているということがわかりました。

10月25日(土)に校内音楽会が開かれ、体育館に響き渡る男女のハーモニーが聴く人の心を温かくしてくれました。

体育祭が終わって約1か月。校庭から教室に舞台をかえて、クラスが団結して練習に取り組んできました。

どのクラスもいろんな課題を抱えていましたが、やるときはやる長中生。今日の本番では、長中魂でクラスがひとつにまとまり、素晴らしい歌声になりました。

音楽会の結果

学級 曲名 備考
最優秀賞 3年4組 YELL 行田市小中音楽会へ
3年優秀賞 3年5組 行田市小中音楽会へ
3年優良賞 3年3組 青葉の歌  
2年優秀賞 2年2組 春に 東部地区小中音楽会へ
2年優良賞 2年1組 空駆ける天馬  
1年優秀賞 1年1組 星座  
1年優良賞 1年6組 unlimited(アンリミテッド)  

 

学級 生徒氏名 曲名
指揮者賞 1年1組 向井田 彩音 星座
  2年1組 芹田 彩美 空駆ける天馬
  3年4組 小辻 茜 YELL
伴奏者賞 1年1組 渡邉 南美 星座
  2年3組 岡田 涼花 君とみた海
  3年2組 堀口 真生 信じる

 

第1学年

1年学年合唱 「夢の世界を」

 

 

 第2学年  

2年学年合唱 「翼をください」

 

 

 

 第3学年