昨日、21日から行田市の代表としてオーストラリアへ海外派遣に行った生徒が帰ってきました。本校からは、3年生の中嶋君、星野さん、2年生の増田君の3名が行きました。本日、早速、学校へ帰国報告に来てくれました。特に、ホームステイ先のホストファミリーと英語で話せてコミュニケーションが図られたことがうれしかった半面、本場の英会話についていけないなど、自らの英語力の未熟さを痛感したと語っていました。また、ジュニアハイスクールを訪問したり、現地の歴史、文化、自然を見学したりすることにより、オーストラリアのよさを肌で感じることができたとうれしそうに話してくれました。そして、海外へ行ったことにより、日本のよさを再認識できたこともよかったと語ってくれました。9月に全校生徒の前で、帰国報告会を行います。ぜひ、海外派遣に行った成果を発表することにより、多くの生徒が世界に目を向け、グローバルな考えや自らも外国へ行ってみたいという思いが生まれるよう工夫してほしいと思います。この海外派遣をきっかけに、行田の子どもたちが世界で活躍できることを願っています。中嶋君、星野さん、増田君お疲れ様でした。

 

 

 

 

 7月25日、月曜日、行田市産業文化会館で第121回行田市教育研修大会に行田市全小学校16校、全中学校8校、進修館高校、行田特別支援学校の合計26校から先生方、PTA等が参加し盛大に開催されました。工藤行田市長等多数のご来賓皆様からごあいさついただきました。また、第2部では西中の発表があり、その後、文部科学省初等、中等教育局視学官の田村学先生から演題「学習指導要領の改訂の方向性ーアクティブ・ラーニングの視点による不断の授業改善」の内容でご講義いただきました。本校職員も全員で次期学習指導要領の趣旨を学びました。

 

 

 昨日、今日と熊谷スポーツ文化公園陸上競技場にて埼玉県学校総合体育大会陸上競技の部が開催されました。本校からは北埼玉地区を勝ち抜いた精鋭たちが臨みました。長中魂で頑張りました。お疲れ様でした。

 

 

 昨日、東松山市で行われた県大会において、本校ソフト部は、初戦、坂戸市立住吉中学校と対戦しました。初回と3回に大量点を奪われ、残念ながら10-0のコールドで負けました。県大会の壁は厚かったですが、この経験を今後に生かして、また、挑戦しましょう。3年生の皆さん、お疲れ様でした。少ない人数でしたが、よく後輩たちをまとめ鍛えてくれました。ソフトボール部のさわやかなあいさつと笑顔はチームワークの源です。1・2年生の皆さん、先輩たちの築いたこのよき伝統を引き継ぎ県大会1勝を目指し、この夏、練習に励んでください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 本日、埼玉県中学校総合体育大会柔道の部が上尾市の県立武道館で実施されました。本校からは3年の倉田君が出場しました。寄居男衾中と対戦しましたが常に攻め続けましたがわずかの差で判定で惜敗しました。しかし、柔道部の仲間も応援に駆け付け、チーム長野で頑張りました。

 

 

 

 

 

 

 

 本日、上尾運動公園体育館にて、埼玉県学校総合大会中学校卓球の部個人戦が行われました。本校からは、女子シングルスに津久井さんと五十嵐さんが出場しました。1回戦を見事突破し2回戦へ進出しました。残念ながら負けてしまいましたが、2人は2年生であり、よい経験となりました。3年生での活躍を期待しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 明日から、県大会が始まります。本校からは、ソフトボール、卓球、柔道、陸上、バドミントンに出場します。長中魂でがんばってきてください。そんな中、全国大会に出場する生徒もいます。1年生の小石さんは小学校の時よりボーリングを始め、5月に行われた県予選で勝ち抜き、埼玉県代表として7月25日~27日、京都府宇治市で行われる文部科学大臣杯第40回全日本中学ボウリング選手権大会に出場します。一方昨年も紹介しましたが、3年生の秋元さんは、空手において、5月に開催された予選を勝ち抜き、埼玉県の代表として、8月26日~28日、新潟市で行われる第24回全国中学生空手道選手権大会に出場します。埼玉県、行田市、長野中の代表として長中魂でがんばってきてください。活躍を期待しています。このように長中生は、自らのよさやとりえを伸ばしあらゆる分野で活躍しています。

 

 

 本日より、42日間の夏休みが始まりました。同時に3年生は早速、担任、生徒、保護者による進路相談、いわゆる三者面談が始まりました。あわせて、3年生は図書室にて、3年職員がつき、補習講座を13:30~15:30の2時間開設し学力向上を目指しました。夏を制するものは受験を制するのごとく、3年生の皆さんがんばってください。そして、1・2年生は、家庭訪問が始まりました。保護者の皆様、ご対応ありがとうございます。お世話になります。

 

 

 

 終業式が終わり、各クラスで1学期最後の学活の時間が始まりました。担任からまとめの話があったり、夏休みの計画表の提出等があったりした後、メインは、やはり通知票でした。特に、1年生は中学校で初めてもらう通知票にワクワクどきどきしていました。この通知票とあわせて埼玉県学力学習状況調査の結果を今後の学習に生かしてください。

 

 

 

 本日、1学期終業式が行われました。はじめに校長先生から以下の式辞がありました。「今日、通知票が担任から手渡されるが、その結果と共に、年度初めの4月に実施した埼玉県学力学習状況調査の個票も返却される。国の全国学習状況調査を受け、埼玉県ではさらに一人一人の学力の伸びを見極めようと、中1では小学校6年生、中2では中1、中3では中2の結果も同時に掲載し、経年変化を見て成果を検証できる取組が始まった。自分の学力のレベルはどうなのか、さらに、各教科のアドバイスを参考にして学習に励んでもらいたい」という内容でした。保護者の皆様も本日、お子様から個票を預かり、現在の学力と昨年の学力を比較し励ましの言葉をかけていただきたいと存じます。この後、各学年代表生徒から1学期を振り返ってということで発表がありました。また、式の後は、表彰があり、北埼玉地区大会等で活躍した運動関係や作文、硬筆等で優秀な成績をあげた生徒に賞状が校長先生より手渡されました。長野中はこんなにたくさんの生徒が活躍しています。

 

 

 本日、学期末の学年集会を各学年が体育館や剣道場で行いました。1年生は1学期を振り返り、がんばったことと改善点、夏休みがんばりたいことについてクラスの代表がみんなの前で述べました。2年生は恒例の学級代表から1学期を振り返ってのコメントとその学級代表に対して担任の労いと感謝の言葉、感謝状が手渡されました。3年生は、修学旅行での行動を記した報告集におけるベストデザイン賞を表彰していました。各学年ともに、学年集会において、生徒が一生懸命取り組んでいることを認め称える学年の温かい志が伝わってきました。長野中学校の目指す学校像は「よさやとりえを伸ばし 笑顔あふれる学校」です。長野中全校を挙げてこの取り組みは推進していく所存であります。

 

 

 

 

 

 

 毎年、友好都市の行田市、桑名市、白河市の3市の中学生が夏休みに交流を深めています。今年度は、行田市が桑名市、白河市を迎えることで、8月3日~5日まで市内で各種のイベントを行います。4日には古代蓮会館にて、3市中学生フォーラムが開催されます。テーマは「いじめについて」でたがいに意見交換を行います。先日、生徒会本部役員を集め、事前の打ち合わせを行いました。同時に校長先生から激励の声かけがありました。生徒会本部の皆さん、行田市の代表、そして、長野中の代表として自らの意見を堂々と述べてきてください。

 

 

 

 7月9日、騎西中学校にて、北埼玉地区水泳大会が実施されました。本校からは4名の精鋭たちが参加しました。残念ながら後数秒で標準記録を突破し県大会に出場するところでしたが、後一歩及びませんでした。残念でしたが校長室に結果を報告に来てくれました。皆、1・2年生なので今後が楽しみです。

 

 昨日、地元の大澤様を講師として招き、だんべ踊りの講習会を開きました。今年も生徒、先生、保護者で長中連を組織し、昨年以上の大編成となりました。今月31日に行われる浮城祭りでだんべ踊りを披露します。3年連続して準大賞をいただき毎年盛り上がっています。地域の祭りに、生徒、先生、保護者が一丸となって取り組むことにより、互いの絆が深まり、ふるさと行田を愛する心が育つものと考えます。当日、多数の皆様の応援を期待しています。長野中学校から行田の祭りを盛り上げていきましょう!